1年間無料でDropbox Proを使ったらやめられなくなった話

去年の10月、Dropboxからこんな手紙が来ました。

こんにちは 柏舜 さん
Dropbox の[選択型同期]で問題が発生していることを確認しましたのでお知らせいたします。
この度は、お客様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。お詫びを兼ねて、Dropbox では 2014 年 10 月 10 日より Dropbox プロを 1 年間無料でご利用いただけるようにいたしました。

要するに、Dropboxが起こした問題のお詫びで、無料でプロプランを使えるようになってたんですね。

Dropboxのプロで使える機能はざっくりこんな感じ。容量は1TBで、かつファイルの復元機能が使えます。

自分は、せっかく1TBもあるのだから、有効活用しようと考えました。
写真や動画などはもちろん、このブログも含むサーバーのバックアップなどに多用し始めました。

また、MicrosoftがDropboxと提携した事業を始めました。iOSのWord,Excel,PowerPointでは、Dropboxのファイルをシームレスに開くことが出来ます。

自分は、Dropboxはクラウド戦争の中でも1位だと思っています。Macのクライアントの動作などは、他のクラウドには勝てません。
で、無料でProが使えるようになっちゃったんで、調子に乗って依存しちゃったんですね。

で、こんなメールが飛んできたわけです。1年終わってしまいました...

しかし、Dropboxには100GBを越える写真や動画、120GBのサーバーのバックアップがあります。そんなに簡単にやめられるものではありません。

ということで、結局プロにアップグレードしてしまいました...

月1200円で、様々な恩恵を受けられるため、その内容には満足しています。

しかし、Dropboxの戦略にまんまとハマったはぁと思います。

1年間無料にしてもらわなければ、ずっと5GBで使い続けていたことでしょう。
一見、無料で有料版を使わせることはマイナスに見えますが、僕のような人もいるので、一概には言い切れないなぁと実感したのでありました。